タイ語の発音の特徴


    タイ王国の公用語であるタイ語は、バンコク地方の方言をベースにした言語が標準語とされており、メディアや式典などで使用されています。標準タイ語とバンコク庶民が日頃から使用しているバンコク語は少々違いがあり、日本語で言う標準語と東京方言のような違いがあります。 タイ人が話すタイ言語の他に、タイ系諸民族が国外で話すラオス語は似た言語と言え、お互いを方言関係にあると認識しています。これは純粋言語学的には同一言語の地域変種と考えられています。しかし、この2つの言語はそれぞれ別国家の公用語として位置づけられており、また2つの人種においても同系という意識は持っていても、お互い同民族という認識は持っていないため、使用する文字は異なっています。 王国北部で使用されているイーサーン語はラオス語との共通点も多く、ラオス語との意思疎通も比較的容易に行えます。またタイ語の標準語とイーサーン語の違いも小さいため、この言語を使用する地域以外の人達であっても、イーサーン語を理解することはできます。日本で言うと、東京の人が大阪などの近畿地方の人たちの言葉を理解できるのと同様と考えて良いでしょう。 この言語は声調言語(音の高低のパターンで言葉を意味を区別する言語)であり、標準語には5つの声調があります。このため、日本人がタイ語学校などで言語を勉強すると、冠詞がない場合や動詞が変化しないなどの文法には対応できますが、同じ言葉でも発音の高低差でその意味が大きく異なるため、少し勉強した程度では言葉が通じないという経験をする人が多くいます。これは、日本語には無い、「子音が異なる(有気音と無気音が存在する)」・「声調がある」・「9種類の母音を使い分ける」があり、勉強不足だと、このうちの2つ以上が正しく使いこなせていない場合が大半を占めています。 この言語の文法は、修飾語が後置修飾になる以外は中国語と非常によく似た性質を持っています。主語は省略されることもあり、また必要に応じて加えられたりもします。また形容詞が動詞や名詞にもなり得るため、当地表現も使われることがあります。 声調は5つあり、これらの名称は1~4までの数値を表す言葉を使っています。日本人が語学学校などで使用する教本には、声調名を無視してわかりやすく独自に数値を当てて教えている学校が多いです。 こうしたことから、タイ語を理解するためにはその大きな特徴である声調を理解して、使いこなせるようになることが重要と言えます。

    タイ語翻訳会社

    แปลเอกสารภาษาญี่ปุ่น

    http://www.japan-on-line.com

    タイ語翻訳会社まとめ

    http://matome.naver.jp/odai/2138139659745520501

     

    インドネシア語翻訳会社

    インドネシア語翻訳

    http://www.interbooks.co.jp